春・311・祈り お母さん大学生の皆さんへ

2週間ほど、お母さん大学をサボっていました。
ごめんなさい。バケツ持って立つ代わりに、ペンを持ちます。

5年くらい、味噌のおかげで元気だったのですが、
とうとう風邪でダウンしました。

なんか、へんな風邪で、ひどくないけど気持ちが悪く、
なんだか、精神的に弱っている自分を感じました。

でも、ようやく復活。
まだ、大好きなビールとコーヒーが飲めないので、完全ではないけど、
サボっている間(寝ている間)に、すっかり春に。

病み上がりの藤本から、お母さん大学生のみんなに提案です。

沖山さんの記事、読みましたか?

あの日、子どもと歌を唄いながら公園をぐるぐる歩いた

あの日、日本中のお母さんたちは、
わが子を守らなければという思いで、誰もが必死だったと思います。

311は、地震、津波、そして原発事故・・・

東日本大震災被害状況 死者 15,884 人 行方不明 2,636 人

中でも、全児童108人のうち74人が死亡という
大惨事になった、石巻市の大川小学校の子どもたち。

わが子を守れなかったお母さんたちの気持ちを思うと、心が痛みます。

私は、当時、原発事故について、気が狂ったように調べました。

何も考えていなかった、何も知らなかった、自分を責めました。
私の書棚には、今も原発関連の書籍が山ほど。

311から7年。

今、こうして生活できることに感謝しながら、
改めて、あの日を思いたい。
沖山さんの記事を読ませてもらって、そう思いました。

そして、沖山さんの記事の最後の言葉が心に響きました。

今できるのは、備えることと想像すること

お母さん大学からの皆さんへ

春・311・祈り~お母さんたちができること。

311を思い、このテーマで、ペンを持ってください。

沖山さんの記事のように、あの日の自分のことでもいいし、
あの日から、自分の生き方が変わったこと、どんなことでもいい。

そして、いつ、あのような震災が
再び起きるかわからない今を生きている私たち。

わが子を守るために、何ができるのか…。
みんなで、一緒に考えてみませんか?

そして、
3月11日 14時46分
お母さんの心をひとつに、祈りましょう。