藤本コラム百万母力「ひと駅2分の幸せ」

ーー毎朝父ちゃんを見送ったあと、
近くの駅までお散歩するのが娘と私の日課。

先日イベントで、はじめて電車に乗ったのが楽しかったようで、
以来、駅へ行くと、決まって電車に乗りたがる。

今朝も同様、「お金を持ってないから電車には乗れないよ」言っても聞かない娘。
ラッシュの人込みに紛れ、泣き叫ぶ娘を無理矢理抱っこして、なんとか家まで辿り着いた。

鍵を開けようと娘を地面に下ろした瞬間、
「でんちゃぁー!!」と叫びながら再び駅へ向かってダッシュ! 

とうとう根負けし、「今日だけだよ」と言ってお金を持って再び駅へ。
娘はニコニコ満面の笑み。

そんなこんなで、ひと駅たった2分の電車の旅…。
ーー(お母さん大学サイト母ゴコロより抜粋)

お母さん記者の齊木聖子さんの記事を読んでいて、
遠い記憶が蘇った。

母はずっと商売をしていて、毎日明け方まで仕事。
私には、ふつうの親子のように、公園で母と遊んだ記憶はない。

ある日のこと。
飛行機を見に行こうと言い出して、私を福岡空港へ連れていった。
空港ビルの屋上で母と眺めた飛行機の離着陸。
その美しさに、子どもながら心が騒いでいた。

すると突然、「乗りたい?」と母。
質問の意味がわからず、ぽかんとする私。
母は返事も待たず、私の手を引いてカウンターへ行き、
チケットを2枚買った。
狐につままれたような面持ちで、私は機上の人となった。

そのとき母は、サンダル履きに前掛け姿。
商売をしていたため、いつも財布を持たず、
前掛けのポケットに現金を入れていた。

そんなわけで、その日、生まれてはじめて
飛行機に乗って宮崎へ行き、とんぼがえりした私。
離陸のときのドキドキや、雲を間近にした驚きが、
十数年後の、私の仕事に繋がったのかもしれない。

母の突然の行動は、日頃、何一つお母さんらしいことをしていない
後ろめたさゆえの私へのギフトだったのか、
単なる思いつきだったのか…、
今となっては知る由もないが…。

ひと駅2分の電車の旅をした女の子のおかげで、
懐かしいあの日のことが、鮮明に思い出された。

本当は、私もあなたのように、
お母さんと一緒にひと駅2分の電車の旅がしたかった。

あなたを羨ましく思う、小さな女の子の私がいる。
いくつになっても、母は恋しいものだ。

後日談。
18歳でCAとなり、初フライトのときのこと。
なんと、客席の一番前の席に母が座っていた。
どうやってその席を確保したのか、定かではないが。

その尋常でない行動は、
今の私に少しだけ受け継がれているのかも、と思えてくる。

藤本裕子

(お母さん業界新聞1711/百万母力)