新しい時代は、お母さんの幸を感じよう!

4月1日、新元号が公表される。
平成最後の新年参賀には、15万人の国民が皇居に集まったという。

また昨年12月の天皇誕生日には、天皇としての最後のおことばを述べられ、
私も、YouTubeで拝見した。

その中で、天皇陛下の
「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」という言葉は、
戦争を経験した人たちの心に深く響いたのではないでしょうか。

戦争を想像することができない私なのに、
この言葉にハッとした。
そんな時代が今なのかと、考えてしまいました。

昨日、偶然テレビで、
若き天皇両陛下(皇太子時代)の子育てについてのインタビューが放送された。

1歳になった浩宮さまを、何と呼んでいらっしゃるのですか?という質問に。

「なるちゃんと呼んでいます。
けれど、まだ、よくわからないですからね」と天皇陛下は答えられた。

すると、お隣の美智子様がすかさず、

「わかっていますよ」と、反論。

皇太子徳仁親王(こうたいし なるひとしんのう)
御称号は浩宮(ひろのみや)。

いつも、天王陛下のおそばで、一歩後ろから歩かれる美智子さまが
まるで、普通のご夫婦のように、
「あなた、何をおっしゃっているの?」と言わんばかりでした。

子どもは小さくても、ちゃんとわかっていることを、
母である美智子さまはわかっていらっしゃった。

思わず、くすっと笑ってしまった。

新しい皇室は、子育てをすることを選択された。

美智子さまがつくった「ナルちゃん憲法」は有名な話。

※「ナルちゃん憲法」。浩宮さまが生後7か月目に入られた頃、
美智子さまは、ご夫妻で日米修好百年記念のお招きを受け、
16日間の訪米旅行をされることになり、お留守の間、
浩宮さまのお世話をしてくれる人たちのために、美智子さまが書き残された育児メモ。

ナルちゃん憲法=育児宝典とされ、今も育児バイブルとしている人も少なくないが、
当初、美智子さまにはそのような意図はなかったそうで、
2006年の公式会見の際、こんな風に話された。

教育ということに関し,時々引用される「ナルちゃん憲法」ですが,これは私が外国や国内を旅行する前などに,長い留守を預かる当時の若い看護婦さんたちに頼まれ,毎回大急ぎで書き残したメモのたまったものに過ぎず,「帝王学」などという言葉と並べられるようなものでは決してありません。

小児科医であった佐藤久東宮侍医長が記した「浩宮さま」という本により,このメモのことが知れたと思われますが,本来は家庭の中にとどまっているべきものでした。(ー宮内庁)

皇族としてではなく、
純粋にわが子を愛する、ひとりの母親として
書き留められたものだということがわかる。

皇室の在り方、難しいことはわからないけれど
時代の変化とともに、守るべきこと、変わるべきことがある。

今の日本の子育ては、ますます、子育てをしない社会。
日本だけではない、中国や韓国も、日本以上に、子どもを育てない社会になっている。

子育ては大事業。
大変で当たり前。

だからこそ、もっと、お母さんの幸せを楽しもう。

平成になったのは、1989年。
私が、お母さんの活動を開始した年。

あれから、30年。
4月に発表される元号には、どんな言葉が選ばれるのだろう。

戦争のない時代と安堵しなくてもいい、そんな社会を望みたい。
誰もが「幸」を感じられるように。

日々のお母さんたちの、何気ない日常が未来をつくる。
美しい日本とは、子どもを育てる社会ではないですか?

私の30年の活動で、ようやくたどり着いた答えです。

3 件のコメント

  • 美智子さまの「お母さん」としてのお心に触れたくて、ナルちゃん憲法を読んでいる母歴2年生です。
    読んでいくと、美智子さまの芯の強さと深い愛情を感じずにはいられません。
    なので、子育てに疲れていると読むのが辛いときも。
    バイブルにするほどの読者ではない代わりに、お守りのような一冊です。
    テレビでお姿を拝見する度に、背筋が伸びる思いで、虚ろげな私の母心に、ポッと火が灯ります。

    お辛いこともきっとたくさんありながら、いつもその眼差しがおやさしいのは、
    やっぱり「お母さん」だからこその強さやしなやかさなのでしょうね。

    戦争のない時代として終わろうとしている「平成」に我が子を産んだことに感謝しつつ
    これから子どもに残す時代を、真剣に考えなければと思います。
    藤本さん、本年も、そしてこれからも、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 吉村さん

    ナルちゃん憲法を読んでいるなんて、スゴイ!
    私も、ちゃんと読んでいないので、読んでみようかと思っています。

    ナルちゃん憲法は、天皇家の憲法。
    なので、吉村さんは、アオイちゃん憲法をつくればいいんだよ。

    >これから子どもに残す時代を、真剣に考えなければと思います。

    あまり真剣に考えすぎると、気が遠くなるので、
    つみさんのように、ボチボチ行きましょう。

    本年も、そしてこれからも、ずっとよろしく!

  • コメントを残す