陣取り~お母さんの心色作戦

昨日「一日お母さん大学」が全労済福岡県本部で開催された。

この会場に、たくさんのお母さんたちを集め、

「お母さんの心」でいっぱいにすることが、私たちお母さん大学の役割。

この日は、仲間(お母さん大学生)11人が参加。

みんなとは、何も打ち合わせをしていない。

が、みんなの心が、ひとつだったことを私は感じた。

戦闘に立つのは、私と池田彩。

そして、そばで私たちを守る、参謀の智原。

いよいよ、お母さん大学生たちが、それぞれに会場に入る。

会場の一番前の席と、一番後ろを陣取った。

ライトサイドにも、数人いる。

あるお母さん大学生に、もっと前の方においでよと言ったのに、

電話がかかってくるからと、かたくなに動かない。

そうか、そうやって、この会場を、前、後ろ、右と包囲したのか。

マイクを持って緊張する私と池田。

お母さん大学生が、一番前でうん、うんって、話にうなずいてくれたり、

びぃびぃ泣いたりするから、後ろの人も、つられて、涙する。

みんなが泣いたら、その涙がいつしか虹になる。

お母さんたちの心が会場中に広がっていった。

もうひとり、隣の子ども部屋で闘っていたのは、

5年生の女の子、ひーちゃん。

走り回る小さな子どもたちの面倒を一生懸命に見てくれた。

給食の時間になると、3人のお母さん大学生(ミソマザー)が、手づくりのみそまるをふるまってくれた。

涙して、おいしいおにぎりと味噌汁を食べて、会場中に「お母さんの心」が広まった。

とうとう、3時間目には、会場の全員がマイクを持ち、夢を語った。

お母さんたちが夢を語れば、未来につながる。

この日、全労済ビルは、福岡で一番、「お母さんの心色」に輝いていたと思う。

★  ★  ★

この日の朝、北朝鮮から、ミサイルが発射された。

仲間がいる北海道を通過した。

心の中に、見えない相手に敵意を抱く私がいた。

お母さんは、どんなときも、闘ってはいけないと声が聞こえる。

けど、もしかしたら、

これから私たちは、日本中、いや世界中をお母さんの心にするために
闘わなければならないのかも。

目的は、「世の中を、お母さんの心でいっぱいにすること」。

だから、もう、子育てに悩んでいる暇はないよ。

今以上に母力を上げて、わが子の笑顔を守らなければ…。

お母さん大学の役目は、そこにあると。

★   ★   ★

「お母さんの心色作戦」を企ててくれた皆さんへ

昨日は、お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。

この私の言葉では、意味わからないと思うので、

みんなが講演会で感じたことを

お母さん大学生や、このサイトを見てくれている皆さんに伝えてください。

一人ひとり、感じたことをペンにする。

それが、明日につながるから。