3月3日。私のひなまつりが、華やいできた。

3人娘がいる私にとって、

かつて、ひなまつりは、わが家の大イベントだった。

が、娘たちが大きくなって、いつのまにか、

大イベントではなく、ちらし寿司をつくる日に。

孫も、立て続けに男3人。

ところが、4番目に生まれてきてくれたのが、待望の女の子。

4番目の孫のおかげで、また、私のひなまつりが色づいた。

私の母の名前は、雛代。雛人形の雛だ。

母を思い、3人の娘を思い、そして、4番目の孫を思い、

今年のちらし寿司づくりが、また感慨深いひなまつりとなった。

元気でちらし寿司を、誰かのためにつくれるって、

本当に幸せなことなだぁと。