夏の思い出~はじめての託児は大失敗だった。

夏になると、30年前のはじめての託児を思い出す。

当時私は、通信大学の学生だった。

通信教育だから、独学。

でも、夏だけ、学生気分を味わえるスクーリング(面接授業)があった。

大学を卒業するためには、このスクーリングの単位を取らなければならない。

はじめてのスクーリングに、2歳の娘を連れて東京へ(当時、大阪に住んでいた)。

学校があっせんする託児所に娘を連れて、初日を迎えたが、

託児所に入るなり、大泣きの娘。

それでも、心を鬼にして、泣く娘を背に、教室へ走った。

教室では、教授の話を本気で聞きたいと、一番前の席に座った。

が、教授の声は聞こえず、娘の鳴き声が脳裏に。

もうダメだと、諦めて、先生にペコリとして、教室を出た。

お金をかけて、東京に来たのに、単位も取れず…。

企画(目的)を変えた。

九州から母を呼び、3人でディズニーランドで遊んだ。

忘れられない母と娘の夏の思い出になった。

その子が、もう4人の母に。

夏になると、なぜか勉強したくなるのは、この後遺症だろうか。

お母さん大学をつくったのも、

もしかしたら、あの夏の日のことが、関係しているのかも…。

★ ★ ★

大学卒業までには10年の時間を要した。

その間に、3人の娘が誕生し、卒業式には、3人の娘を同伴。

親ではなく、3人娘が同席した卒業式だった。