広島を想う。

73年前の今日、8月6日、人類史上初めて原爆が広島に投下された。

一瞬にして街が、人の生活が消えた。

数年前、広島の原爆資料館を訪れたとき、あまりの残酷さに、涙さえも出なかった。

ただ、ただ、怒りが込み上げてきたのを思い出す。

今も、この日の苦しみを心に、生きている人がいるのだろう。

明後日、イベントで広島を訪れる。

私たちは、ただ、祈ることしかできないのだろうか。

丸木俊さんの絵本「ひろしまのピカ」が、私の本箱にある。

その絵本には、「二度とくりかえしてはならない」というねがいがこめられている。

ぜったいに、二度とくりかえしてはならない。