お母さん記者、子ども記者に負けられない!

月に一回発行している「かめおか子ども新聞」(A3判カラー2P)のことが、

9月6日の読売新聞に紹介されていた。

2016年2月に創刊された、この新聞は、子どもたちがぺんを持つ。

地元のパン屋の取材では、

「なんでパン屋さんを開いたんですか?」

「普通の食パンと、どこが違うんですか?」

と、子ども記者の質問はダイレクトだ。

取材される側も、相手が子ども記者だと、いい加減には答えられないだろう。

なぜか、この記事の最後に

お母さん業界新聞のことが取り上げられていた。

今年3月に創刊した大阪版のことも。

お母さん業界新聞も、世代交代で、子ども業界新聞に変えようかな?

いや、その前に、やらなければいけないことがある。

お父さん業界新聞だ。

かつて、お父さん業界新聞の企画を世に提案し、「編集長求む!」と告知したが

勇気あるお父さんはひとりもいなかった。

未来のないお父さん業界。

 

 

さて、お母さん大学のお母さん記者の皆さん、

子ども記者に負けないように、地域でアクションしませんか?

秋、ペンを持つ季節。