家庭科の先生たちと

今日は、厚木の味噌工房なずな さんで講演会だった。

お客様は、高校の家庭科の先生たち25人。

神奈川県のあちこちから参加してくださった。

1部は子育ての話、2部はみそまるづくり。

お昼は、なずなさんのおいしいてづくりのごはん。

ちょっと驚いたこと。

今、家庭科の授業は、どんどん時間が削られて、週に2時間しかないと。

高校の家庭科で、どんな勉強をするのですか? と先生たちに質問したら、

裁縫や料理・・・これは、わかる!

洗濯の仕方、洋服のたたみ方・・・えっ?

悪徳商法について、不動産を見つける方法・・・ええええぇっ?

こんなことまで学校で学ぶのかと、びっくり。

コレって、家庭で学ぶことなんだよね。私たちの仕事!!

先生たちは、本当に大変なんだなぁと、

そして、お母さん大学、やっぱり、必要だぁと、改めて思いました。

 

本日、先生方にウケたところ!

 

私が、よく講演会でいうエレベーターの女の子の話。

エレベーターで一緒になった子に、「何年生?」と聞いたら

「3年生です!」と、恥ずかしそうに答えてくれて

「どこの学校なの?」と聞くと

ーーー「すみません。それは言えないことになっています」

と言われました。

 

先生たち、そう指導していませんか?

と聞くと、

全員大笑い。(たぶんそう指導してるのだろう!)

先生たち、みんな笑って、ごまかした(笑)

皆さん、とっても明るい先生ばかりで、

みそまるづくりも、めちゃくちゃ盛り上がりました。

 

なずな女将の新藤さんのごはん

おいしいお煮しめ。

美しい理由は、具を一つひとつ丁寧に煮ているから。

採れたてキヌアの棒棒鶏サラダ。

新藤さんが育てているキヌア・スーパーフードです。

黒豆の煮物。

やさいい味なのに、ちゃんと豆の風味が出ている。