やってしまった!

お泊りデビューした4番目の孫(なぎさ姫)。

泣くよと、ママから言われたけど、

大丈夫、大丈夫、平気、平気と、連れてきた。

ちょうどいいから、「断乳しよう!」と娘。

任せてと、自信満々の私。

昼間、たくさん遊ばせて、夜ぐっすり作戦で行こう。

ところが・・・

夜中の2時頃、めざめたなぎさ姫。

火がつくように泣いた。

抱っこしても、夜中のドライブしても、何してもダメ。

これ以上、なぎさ姫を泣かせたらかわいそう。

最後の砦

いけないと思いながら、罪を犯してしまった。

がぶり・・・・痛い。(泣き叫びたいほど)

なぎさ姫は、静かになった。

しかし、静寂のひとときは、わずか10分足らず。

なぎさ姫は、気を悪くしたのか、この世の赤ちゃんとは思えない鳴き声で暴れた。

これ以上、泣かせたら、パトカーが来るかもと断念。

初お泊りは断念。

家に連れて帰った。

娘からは、断乳するつもりだったのにと、叱られた。

ごめんなさい。

3日も経つのに、まだ〇〇〇〇が痛い私。