「おかあしゃんのおっぱい、だ~いしゅき」

「おかあしゃんのおっぱい、だ~いしゅき」

お母さんじゃないのかよ!!
って、嫉妬してしまうほど、彼女のおっぱい愛は大きい。

触られることが時々いやになるけど、それがなくなるのも寂しいような。
寂しさすら忘れそうなので、記録しておく。

娘2歳3か月の発言記録。

写真を入れるために下書き保存していた。
編集する前に2歳4か月になった娘。

そういえば、もう言わなくなったのです。
1か月もたたないうちに。

ゆっくりなようで、子どもの成長のスピードは速い。
今でもおっぱい愛はあるけれど、確実に薄れてきている。

もう一度言ってほしいのだけど、もう言葉にしてくれなくなった。
成長を喜ぶ半面、寂しさで目頭が熱くなってしまう。

あ~、もう一回、いや何回でも言ってくれんかいな、
「おかあしゃんのおっぱい、だ~いしゅき」

ABOUTこの記事をかいた人

岩根 直子

年長の男の子と張り合い、年少小の女の子に振り回されているお母さんです。 わが子はかわいくて、毎日キュンキュンしています。 と同時になーぜーかー毎日おこっております。 基本的には我が子ラブです!