あいのうた

【2018年8月11日】 次男たつき。6歳7か月。

ある日。
1枚の紙に、一気に書きなぐった、この詩。

【あいのうた】

この詩を書く前に、何かお遊びで、「かえるのうた~」などと言いながら、
自作の歌の歌詞を書いていた。
それが面白くて、私は
「たっちゃん、他にも何か作って~!」と軽くお願いした。
ただ、「書いて」と頼んだだけで、‟どんな歌を”などは、一切私からはリクエストしていない。

すると、身体の中から溢れ出るように、
無言で、ものの2~3分で、この詩を書き上げたのだ。

まず、題名に驚いた。

「【愛】という言葉を使えるんだ!」と。

そして、詩の内容が更に驚きだった。

6歳にして、何て深く、祈りにも、叫びにも似た言葉の数々なんだろう。

読み終わって、涙が出た。

私の目に、涙が浮かんでいるのを見て、
息子は恥ずかしそうに、私に背を向けた。

国籍・宗教・性別・障がい・年齢・肩書など関係なく、
みんなが笑顔で遊べる社会になったらどんなにいいだろう。

息子の書いたこの詩のように、

【いのちがだいじ】
【せかいはひろい】
【みんなであそぼう】

そして、【みんなのいのちをなくすせんそうをやめろ】と
私たち大人がどれだけ本気で思い、願い、行動できるだろうか。

息子の書いた言葉に感動し、学び、背筋が伸びた。

ABOUTこの記事をかいた人

近藤美和子

岡山県出身。大学は島根。就職は山口。結婚して愛媛へ。 2015年春に、愛媛から福岡に転居し、お母さん大学に出逢いました。 現在、小4と小1のわんぱく息子2人のお母さんをさせてもらっています。主に、小郡・筑前町に配布する地域版~ゆりかご版~を書いています。 音楽療法士として、障がいのある方やこどもたちと関わる仕事をしています。 「お母さん」であることを、悩みもがきながらも、全身全力で楽しみたいと思っています! 好きなことは、自然・美・音楽・読書・ひとり旅・食べること・人と交わること・高校野球です♪