いないと寂し。

あれ?寂しいぞ。

おかしな感覚だった昨夜です。

夫、夜勤。私はとある会合に21時過ぎまで参加。義母に預けた子どもを迎え行くつもりが、眠ってしまったと連絡。

預けるときは「ばいばーい」と私に手を振り、寂しさなんてちっとも感じさせなかった子ども。

もう、おばあちゃんのところ好きだもんね。

眠ってしまったか…。

帰宅したら誰もいない家。

思わず、つぶやいていました。

「さみしい」

私は、ひとりの時間欲しがってたくせに。いざ誰もいないとこんな気持ちになるんだね。

3つ敷いてある布団には私だけ。

横を向いても誰もいない。

子どもに会いたくなりました。

中秋の名月、おぼろ月が浮かんでいた夜のこと。

ABOUTこの記事をかいた人

白川奈保

埼玉出身、2013年~結婚のため香川へ。 現在3歳の娘と夫と暮らしています。 好きなもの:沖縄、南米、高校野球、楽器を奏でること、お料理すること。 facebookでは「向田奈保」です。(仕事では旧姓使用のため)