お母さんの「青春」。

昨日から始まった、第100回の甲子園。

母は、私は、高校野球が大好きです。大学の卒論のテーマを高校野球にしたくらい。

そして7万字も書いたくらい。

だから、どうしても第100回の甲子園は現地=甲子園に足を運びたかった。

娘3歳は義母に預けて、夫とともに深夜に香川を出発し、甲子園へ。

やっぱり、生でしか味わえないモノがあるから、甲子園に行けて本当に良かったと思った。

今朝、埼玉にいる私の母からメールが来た。

「暑かったでしょ!なほの青春の一部だものね!」

あ、そうか。お母さんは、私が何が大好きか知っていたんだった。

”青春の一部”。

なんだかとってもステキだな。

娘にも、そんな”青春”の香りがするモノを持ってもらいたいな。

ABOUTこの記事をかいた人

白川奈保

埼玉出身、2013年~香川へ。 日常は、物書きとオーガニックなお店の店員。 好きなもの:沖縄、南米、高校野球、音楽いろいろ。 facebookでは「向田奈保」です。(仕事では旧姓使用のため)