お母さん空を飛ぶ!

過去記事の振り返り、あともう少しです。(9年分かなりの量です。。。読みながらいろいろ思い出されて、その度に懐かしく浸っています)

今日は、お母さん大学生活での転機だった「一人旅」のことです。

行こう!と決めてから夢中で動いたあの頃。。。周りの協力、子どもたちの成長、世界がさらにグーンと広がったこと。。。行きの機内で今の気持ちを細かく綴ったり、九州のお母さんたちのパワフルさに刺激をもらったり。。。

当時動いたことが、今の私の原動力になっている!ということで

ここに忘れないよう記します!

2010年11月9日
********************
「いざ九州へ」

いよいよ あと1週間で 夢が叶います!

ずっとず~っと 行きたかった九州へ。

11月16日 熊本での 一日お母さん大学

11月17日 福岡での 一日お母さん大学

に向けて

思いきって 飛びます!

熊本は阿蘇出身の祖父から
「阿蘇はいいぞ~」
と聞いていた子どもの頃。

学生時代を福岡で過ごした父から
「福岡は最高だ!」
と聞いていた子どもの頃。

まるで、今回のことを導いていたような・・・。

どんな出会いがあるかなぁ。

お母さんになって
はじめての単身旅行。
はじめての九州。

たくさん学んでくるね。

お姉ちゃん 弟たちをよろしくね。

カウントダウン スタート!!

 

*********************

2010年11月18日
「お母さん空を飛ぶ!」

*********************

お母さんになって、はじめての一人旅。

11月16日 長年の夢だった祖父のふるさと熊本へ出発!

「行きたい!」

そう思ってから、出張の多い夫と実家の母に相談。

万全の準備で臨んだ今回の旅。
(前日より実家から両親が来てくれることに!)

朝5時 2歳・7歳・8歳の子どもたち3人
寄り添うようにスヤスヤ眠っていた。

「ママ、思いきり楽しんで いっぱい勉強してくるね!」

そう心で伝えて、キャリーを引いて駅に向かう。

到着した羽田空港。
ビジネスマンが列をつくり搭乗手続き。

自分も出張気取りしてみたけど、流れがわからず右往左往。

日々の慌しい生活とは 別世界の空間。

どこまでも飛んでいけそうな開放感に自由への一歩を感じる。

とにかく外に向かって飛んでいきたい!と走り回っていた10年前。

その後 結婚・出産・育児。
いつのまにか小さくまとまっていた自分。

でも、

「お母さんだからこそ夢を持って!」
「やればできる!」

運命的に出会ったお母さん大学。

少しずつ少しずつ「お母さんスイッチ」がオンになり、
ついに、飛ぶことに!

快く送り出してくれた夫。
いつも応援してくれている両親。
そして、どんな時もおもいきりの笑顔で幸せを教えてくれる子どもたち。

 

みんなの想い 空の旅に乾杯!

******************************

「はじめての一人旅」

涙があふれてきました。

本気のみんなに会えて・・・。
今までの想いがこみ上げてきて・・・。
ダ・カーポさんのハーモニーにふれて・・・。
そして、心の声を聴けて・・・。

「よし、行こう!」と決めたら、行くことができました。

行ってみたら、いろんな出会い・感動の連続でした。

あふれ出しそうなこの気持ち、
どう伝えていけばよいでしょうか?

熊本・福岡での「一日お母さん大学」

自分にとっても チャレンジの場でした。

「はじめての一人旅」で、
「はじめての日」の朗読。

ステージから見る客席は とてもまぶしくて、
でも、あったかくて・・・。

ドキドキ。
でも、心地よく、嬉しく、幸せで・・・。

思いきって飛んでよかった。
出会えてよかった。

感動はプライスレス!

みんなと別れ際にした握手に母力を感じました。

帰宅後、子どもたちがなんとなく成長していたような。
(いない間に、「せいかつの図鑑」を購入し、「ママのお手伝いいっぱいする!」と張りきる長女&長男。
自分で靴を脱ぎ、靴下もその中に入れるようになった次男。)

これから どんどん飛んでいける気がしてきた

はじめての一人旅でした!

12 件のコメント

  • 村本さん

    記事を読みながら、あの日のことが思い出されました。

    たくさんの出会いと感動、

    そして、別れも。

    同じ時間を共有してくれたこと、本当にありがとうございました。

    そして、これからも、つながっているお母さん大学の道

  • いきなり団子を買ったこと
    福岡の屋台通りを歩いたこと
    覚えていますか?
    もう7年、まだ7年
    つい先日のことのようにも感じます。
    たくさんの出会いとコンサート
    楽しくて感動的で貴重な経験でしたね。

  • 今、過去のブログを遡って日付け確認しました!
    私も、同じ福岡の「一日お母さん大学」に行きましたよー!!
    はじめての日を語ろうのコーナーで、5人のお母さんがステージで、それぞれの我が子のはじめての日を語り、それで涙が枯れてしまうほど大号泣した私です。
    私の人生にはなくてはならない出来事で、亡き母の想いを感じての大号泣でした。
    その5人のお母さんの中に村本さんもいたということですか?
    先日の9月の「一日お母さん大学」で、この日のことをみんなの前で話しました。
    記事にも書きましたよ。
    http://www.okaasan.net/hahagokoro/watashinitottenookaasandaigaku/
    よかったら読んでみてくださいね。
    10年前って言ったけど、7年前ですね(笑)
    ちょっと大げさでおおざっぱな性格が出ましたー(笑)

    村本さんにとっても運命の「一日お母さん大学」、なんだかそれだけでかなり嬉しい私でした(笑)

    • わあ、そうだったのですね!
      あの日あの時同じ空間でお母さんを感じていたのですね。。。つながってますね~~。
      私は「はじめての日」の朗読担当でした。
      こうしてつながり再確認でき私も嬉しいです!!
      ますます母力ムクムクです。

  • 村本さんの子育てはご両親の愛情がしっかり感じられました。
    それがあってのご主人の理解があり、子どもたちはそれを感じ取って育ったはずです。
    幼い子を両親に託して一人旅の経験は本当に恵まれていましたね。
    お母さん大学での出会い、そのことが更に母力をあげることになって今ではご主人の国へ。
    やっぱり母力の獲得の凄さです。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    村本聖子

    「思い立ったらすぐ行動!」 をモットーに動き回る3児の母。 みんながニコニコ、ハナマルになる世界を願いながら、日々の感動•気づきを韓国から発信中。 夢はココカゲン(ココロとカラダがゲンキになる空間)を創ること&MJ記者として世界を飛び回ること。