お父さんが救いの女神?

イベント準備中の我が家。

娘にとっての私は、どんな風に映っているだろう。

 

それを何度も記事にしようと思いながら、あっという間に今週末に迫った。

 

お母さん、スマホとにらめっこしたり、

コソコソ折り紙を折って、娘が近づくとササっとしまったり、

公園に来たはずなのに、近所のあのお母さんと立ち話で打合せしたり。

 

「あーあ、おとおしゃん、お仕事行っちゃったな。」

そんなことまで言えるようになってしまったではないか。

地味に傷つくこの言葉。

 

 

そんな昼間を過ごした夜、カチャっと玄関ドアの音がする。

お父さんだ!

トゥットゥルー♪

と、ドラえもんの道具が出てくる音がしそうな瞬間。

 

「おとおしゃん、かえりー!」と飛び付く娘。

 

台所へ来たお父さんと、私がちょっと話した瞬間、それは起きた。

 

 

「おーとーおーしゃーあーん!」

 

 

お、怒ってる。

 

 

お父さん、目が点。

何を怒られたんだっけ?の顔。

小さな爆発?いえいえ、大きな爆発。

 

頼むよ、おとおしゃんくらい話聞いてよ!だよね~(^o^;)

 

お父さんが救いの女神ならぬ、救いのドラえもんか。

(どっちにしても怒られる予感)

 

お父さんが帰ってくると、ウソ泣きの嵐が吹き荒れる分かりやすさは

思わず笑ってしまうほど。

それだけ、お母さんの忙しさを感じ取っているんだね。

 

大事そうにしまった折り紙は、

「おねえしゃんになったら、やりたいな」

と、我慢もできてしまった。スゴい。

イベント準備で、娘もちょっとたくましくなろうとしているのかな。

あんまりにも心が傷んで、すぐに娘用を作りました!

 

 

お母さん、頑張るよ。

横須賀のお母さんが、もっと胸張って子育てできるように。

横須賀のお母さんが元気になって、この街がもっと元気になるように。

そして君が暮らす世の中を、もっといいものにしたい。

大きな夢を抱けるのは、君のおかげ。

 

 

「お母さんね、ママイロフェスタをやるんだよ」

そう話してみた。

「おかあしゃん、まーー…ふぇった?」

かわいいな…イベント名それにするか(笑)

 

あと数日、お母さんの楽しいことに付き合ってね。

ABOUTこの記事をかいた人

吉村優

横須賀支部「みよむら」の“むら”の方です(^-^) 2016年11月生まれの娘と、ジャイアンツ命な年上夫、 そしてサザエさんみたいな私の3人家族です。 元放課後児童支援員。子どもたちの「鬼大魔王」でした。 海風と、アメリカの風薫る横須賀に住んでいます。 笑えた日も泣ける日も、みなさんと共有出来たらと思っています。(^-^)