どうして今、お母さん業界新聞なのか?

お母さん業界新聞横浜版創刊に向けて、
お母さん大学学長でお母さん業界新聞全国版編集長の、
藤本裕子さんの講演会が開催されました。

実は、既にお母さん大学生である私たちにとっても、
藤本さんの講演会というのはとても貴重で、
私は過去に一度、出席したのみ。

だから、今回の講演会、何を隠そう私が一番楽しみにしていたのかもしれません。

そんな貴重な、しかも少人数対象の場所に来てくださったのは、
とても素敵なお母さんばかりでした。

お父さんも来てくださいました。

出会いは、必然です。

藤本さんが話し始めるとすぐに涙がこぼれるお母さんも。

お母さんの心はパンパンです。
子どものことでいっぱいです。
だから、そこに少しでも触れられただけで、気持ちが溢れてくるのです。

お母さん業界新聞は手渡しです。

配るためには声をかけなければなりません。

「ありがとう」と受け取ってもらえます。
これはコミュニケーションの始まりです。

その方に感想を聞くことができます。
一緒に内容について話し合うこともできます。

紙の手触りやめくる音、匂いも感じることができます。
五感でお母さんの想いを感じて欲しいのです。
(紙なので食べることはできないから四感か・・・)

お母さん業界新聞は分身です。

「わたし」の今の想いを、
「わたし」から引き剥がして、
新聞にするのです。

日々イライラしていたその想いや、
ものすごく幸せを感じたその想いが、
「共感」のもとに届いていきます。
それが目に見えるから、やめられなくなる。

悩むこと、しんどいこと、
それは、
母力そのものなのではないかと。

悩みが大きなお母さんほど、
子育てを楽しむことができるのではないかと。

横浜での、百万母力講演会&説明会、
9.11(水)10:00〜神奈川地区センターにて。

最後です。

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

3人の子育て中、シングルマザーです。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。