まずは一歩踏み込む勇気

はじめまして!

横須賀支局 新メンバーの

湯川るり子です。

初投稿…なんだか緊張ですね。

今年の2月に女の子を出産しました。

子どもが好きで、保育の勉強をしてました。お母さんになるのが小さい頃からの夢でした。

そして待望の我が子と対面。

私がお世話になった病院は、出産後は母子同室で授乳も各自好きなタイミングで病室の中で行っていました。

だから、同じ日に出産したお母さんとお友達になったりできないのです。

えー!ママ友ってどうやって作るの!?

 

数ヶ月後 娘の検診で会場に行くと

上のお子さんがいるママさん達は固まっているし… 1人で来てるママさんに話しかけてみたらなんだか冷たくて…

同級生もまだバリバリ仕事をしてる子ばかり…

あれ!?

私… 頼れるのは家族と携帯だけ!?

と心細くなりました。

ひとりで近所を散歩してみたり

実家に遊びに行ってみたり

母の買い物に無理矢理くっついて行ったり

そんな時、

ふと見つけたのが

「お母さん新聞」

最後のページの1番下に

あなたもお母さん記者になりませんか

の文字。

なぜかそこが光り輝いて見えました。

もともと、こうやって物を書いたり

簡単な絵を書いたりすることが好きで

仕事をしていた時はイベント企画も沢山していました。

誰かと関わりたい

子ども関係の仕事から 今度は母親になってなにか思った事を伝えたい

子育ても楽しいけど 自分の事も充実させたい

でも…出来るかな?大丈夫かな?

続けられるかな?と不安が。

そんなこと考えてたらなにも出来ない!そうなった時に考えよう!

とりあえずメールしちゃえ!!

と思い、私になにかやらせてください!と田中編集長にメールしたのが始まりでした。

なんだか

1UPした気分でした。(某保険会社CM風)

まだまだ初心者お母さんの私になにか出来ることはあるのか疑問ですが

娘と一緒に母としても女性としても成長して行きたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

湯川るり子

2018年の2月に女の子を出産しました! 現在育休中の24歳です。 先輩お母さん達と色んなことを話して 沢山吸収して、 いつか私も誰かに お母さんのスゴイ所を伝えたい! よろしくおねがいします!