一針一針心を込めて、お母さんのダーニング

幼稚園では毎週金曜日にレッスンバッグを持ち帰るのですが、持たせてたら引きずる引きずる。自分で持ってくれるしまぁいいかぁーとそのままにしておいたら、やはり、穴が空いてしまった!!

新品まだ2週間で…ショック!

でも、私は布製品に穴が空くとニンマリ嬉しくなります。

それはダーニングという穴塞ぎ技法があるから。

穴の空いた箇所を刺繍糸で織るように穴を塞ぐもので、裁縫嫌いですがこれだけは去年NHKで見て以来ハマっています。

 

穴あき靴下も、抱っこ紐も、穴が空いたらこれで修復!アップリケみたいで可愛いでしょ。穴の数だけ可愛くなる!

 

 

 

 

日曜日の夜にチクチク…明日も幼稚園を楽しめるように、一針一針編んでいく。ホレ一丁上がり!なかなかよくできた!満足!

 

穴は頑張って持った証!バンバン開けたらいい。穴が空いたら私がふさぐよ。修復しまくっていつかバッグがダーニングに乗っ取られるくらいになるかな。

 

 

…とおもってたら、今日はちゃんと地に付かないように持っていた…!学習力さすが!

 

ABOUTこの記事をかいた人

須戸真美

3歳と1歳男の子の母です。 絵を描くこととビオラを弾くこととが好きで、育児の合間に楽しんでいます。 ドタバタ体当たり育児を絵日記に書いています。↓インスタでも更新中!フォロー大歓迎!!