人生の先生

お久しぶりです。遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

私がヨガを教えている地域交流センターでの出来事。今日はシニアヨガの日。1人目のおばあちゃんに「今日は身体の不調なところはありませんか?」と聞くと、そのおばあちゃんは「いや…。実はないんですよ〜」と予想外の言葉が出てきてびっくり!!なんでも去年自宅のテレビが壊れて子供たちに買っては貰ったものの、あまり見なくなり、心も体も穏やかになったとの事。私自身も見習わなくてはならない心がけだと思いました。

その後、去年一回来てくれた中高年の方がしばらく来てもいいですか?と来てくださったり、別のおばあちゃんはヨガの日は病院を朝イチに行って、間に合うようにしてる、自宅でもやっている等嬉しい言葉をくださいました(*^ω^*)みんなに受け入れられているんだなぁとしみじみ感じました。

そんなヨガ講師の私はというと、PMSと息子のプチ反抗期で心はカオス状態(ーー;)こんな先生ですみません…。と心の中でお詫び。

ヨガの後、施設のオーナーさんがコーヒーをご馳走してくださり、おばあちゃん達が自分の出産について話していました。切迫流産だったり、産むときかなりきつい思いをした事を話しており、妊娠出産は命がけで、必ずしも無事に生まれるわけではない事を改めて感じました。昨日似たような話を別で聞いていたので、違うところで聞くとは思いもしませんでしたが。

最後におばあちゃんが「昔はいろいろと大変だったけど、若いときがあってこそ今が幸せに感じる」と話してくれました。子育てや仕事がうまくいかなくてモヤモヤしたりもしますが、今生きているこそが一番幸せなんだろうなと改めて感じた一日でした。

写真は小学校のどんど焼きでの餅つき。周りから「パパ下手やなぁ!」と息子は褒められ、パパは突っ込まれてました(笑)

8 件のコメント

  • 正しくカオスの世の中。いつもの事だから冷静なのかな?
    ヨガのお陰かな? 私もヨガでカオスから抜け出したいと思いながら足踏みばかりです。
    お年寄りの言葉は説得力がありますね。存在が事実なんですから。
    私も学ぶところが多いです。 まだ62歳ですから(?)。
    一生学び、一生精進 しましょう。

  • 口幅ったいですが、インストラクターは 先達の事。ヨガは共に学び合う場だと思います。
    呼吸に集中して 皆んなの波動ができて共有する。それも学びですね。
    インストラクターの心の内は誰にも分かりません。 だからメンタルはそのうちにです。
    気負わず淡々と続けましょう。 そんな佐藤さんに付いて来られるのですから。大丈夫!

  • インストラクターなんだから、知識を深めないと!と気負ってる自分がいます。でも、何十年続けるからこそヨガの意味がわかって来るのですよね。
    ポーズだけできる人は沢山いますが、私は精神面も成長できる先生になりたいのです。みんなが喜んでくれてるし、やっぱりおばあちゃんが人生の先生なんだから、学んでいきたいですね。

  • 子どもが大きくなっても違う悩みが出てきますよね。思春期が特に大変と聞くので、今からかなり心配してます( ̄◇ ̄;)
    家ではなかなかヨガの練習ができずにいますが、毎日続けていくと心も身体も変化していくのを感じます。私になくてはならないものとなっています。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    佐藤寿枝

    福岡県大牟田市在住で、ママにゃんことチビにゃんこ(息子)、気まぐれマイペースなネコの親子を支えてくれる大黒柱のパパたぬきちゃん(ポッコリお腹でたぬき顔なので命名)の3人家族です。 趣味は、ヨガ、家の模様替え、通りすがりのネコの観察。