今日押したスイッチ。

昨日、またまたスイッチが入ってしまった。

「お母さんスイッチ」ではなく、「怒りスイッチ」…。

宿題をしている時に始まった次男のグズグズに

最初は「またかー。」と思っていたんだけど、

昨日はどうにも我慢できずにドッカーン!

いつものように小学1年生相手に次男と2人で大喧嘩。

「またやっちまった…。」

そして。夜一緒に布団にもぐりこんだ時、次男に

「今日お母さんまためちゃくちゃ怒ってごめんね。

嫌なこと言われて傷ついたやろ?悲しかったよね。」

次男「別に傷ついとらんし、悲しくないよ。」

私「良いんよ。悲しかった、って言っても。」

次男「悲しくない。」

私「お母さん優しくないよね…。大人なんやし、もっと優しくならんとね…。」

次男「お母さんは優しいよ。」

私「優しくないやろ。怒ってばっかりやし。」

次男「それはどこのお母さんも同じよ。お母さんだけじゃないよ。」

『どこのお母さんも同じ』

『お母さんだけじゃないよ』

まさかこの言葉を6歳の息子から聞くとは…。

思わず何も言えなくなってしまって

なんとか「ありがとう。」と絞り出した。

もう無条件に温かい涙が出た。

こーちゃん、「お母さんスイッチ」押してくれてありがとう。

さて、今日は「怒りスイッチ」押しませんように!

 

(福岡ひなたぼっこ版編集長/ちはらみさ)

ABOUTこの記事をかいた人

智原美沙

広島生まれ、広島育ち。ゲームとカープが大好きな長男(11歳)と、兄の真似がとにかく好きな次男(6歳)2人のお母さん。福岡地域版ひなたぼっこ版編集長。NPO法人Hand&Foot正会員。自分のこと、日々のこと、子供たちのこと、左手全指欠損の次男のことなどを書いています。