子どもと一緒に観劇!

先日、お母さん大学の企画で、稽古の様子を取材させていただいた、

劇団青年座の「明日 あした 1945年8月8日・長崎」を観に、東京芸術シアターイーストへ。

取材の日に、子どもと一緒に観に行こうと決めていました。

想像以上の臨場感と緊迫感。

本番の空気。

表情まではっきりと確認できました。

一緒に行った息子は・・・。

私の期待とは裏腹に、始まると同時に欠伸。

聞き取れても理解できない長崎弁、戦争当時の難しい大人の事情と話の内容。

仕方ないか・・・と思いましたが、

途中の面白いエッセンスで大笑い。

動くセットにくぎ付け。

それから、

シンボルとしてずっと強調されている時計に注目。

照明の角度や色に興奮。

そうか~。

そんな楽しみ方もあるね。

でも、途中で、「明日って題名だけど、どういうこと?」と言ったので、

こっそり耳の傍で、

「これは、長崎に原爆が落とされるほんの数時間前の出来事なんだよ。」

と言ったら、

「・・・・!!!!」

っと、口を押さえて。

少し考えこんで。

「ものすごく悲しい話だったんだね。」と。

そうだよ。

君に見せたかったんだ。

あまり伝わらなかったけど。それでも一緒に観られて良かった。

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

3人の子育て中、シングルマザーです。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。