嵐の後の静けさ

長雨と豪雨の後の物部川。

水かさが増し、なぎ倒された木や草が痛々しい。

でも、そこにかかる霧が優しくすべてを包み込んでいく。

自然の怖ろしさと優しさ。

お山に住んで初めての豪雨の後、
とてつもなく大きな懐の広さを自然の中に感じている。

 

2 件のコメント

  • 高知などの降水量が凄かったにもかかわらず、何とか持ちこたえたのは本当に幸いでしたね。
    毎日、テレビを見て水害の状態を見ると胸が痛くなります。
    被災者は毎日目の前の現実で必死のはずで、その上この暑さのダメージを受けるのです。
    これからも他人事意識は返上して、被災者たちから何かを学び続けないといけないと思います。
    関西から西は豪雨関係の報道が熱心で、関東との温度差が報道されました。
    それを私も感じたのは娘に九州の実家の話をメールで書くと「え?そんなに大変だったの?」だったので
    私は報道の仕方が違っていたことを知りました。
    報道の難しさはいつも気になるところです。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    高木真由美

    お母さん業界新聞高知版の元編集長です。別名「妖怪たかぎ」です(笑) 大学生と社会人になった子どもがいます。 主人とのお山の暮らし1年目を試行錯誤中。 よろしくお願いいたします。