市営バスとJRバスを乗り継いでちょっとした旅行気分

夏休みに帰省した娘とお山の家で泊まり、
バスを乗り継いで町まで出ることになりました。

お山の家から歩いて20分くらいのところにあるバス停には1日4本の市営バスしか来ません。

朝一便は7時42分発。おじいちゃん、おばあちゃん、学生さんに青年も。
初めて利用する私と娘を入れて、10人くらいの乗客でした。結構利用してる人がいるんだなあと思いながら乗り込むと、たまたま、久しぶりに会う知り合いがいて、挨拶できうれしかったです。

そして、アンパンマンミュージアム近くの美良布停留所で降り、JRバスに乗り換えです。

乗り換えの待ち時間が約30分。

待合所で、朝握ったおにぎりを娘と食べました。ちょっとした旅行気分のいつもと違う朝食。

ゆっくり食べ終わった頃、アンパンマンがいっぱいついてるJRバスが来ました。

娘は、初めてのアンパンマンバス。子どものようにはしゃぐわけではないですが、それなりに車内の内装を楽しんでいた様子。

私も旅行者気分で写メを撮りました。

お山の家に住むようになったお陰で、ちょっとした旅行気分を味わうことが出来ました。

今年、娘と過ごした夏休みの思い出の1ページです。

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

お母さん業界新聞高知版の元編集長です。別名「妖怪たかぎ」です(笑) 大学生と社会人になった子どもがいます。 主人とのお山の暮らし1年目を試行錯誤中。 よろしくお願いいたします。