急なキャラ変で母もおどろいています

受験シーズン真っただ中の長女。
志望校の部活体験に出かけたのは
東京でも雪がちらついた寒い寒い土曜日。

参加したのは陸上競技部で、
先生も先輩も優しくてまじめに活動していたそう。
しかもフォームを誉められ、
練習次第で大会も目指せる、と。
長女はそうとう気に入ったらしく
「楽しかった、受かったら絶対に入部する!」と宣言。

この冬からダイエットに燃えて
ランニングを始めた長女は
完全なるインドア派でこれまで
全く運動経験がなかったけれど、
走ることは合ってるようで
毎日のように5.6キロをサラッと走っていた。

ランニングなんて
おばあちゃんになっても続けられるし
いい趣味持ったね、なんて思ってたけど

陸上部に入ったら青春を捧げることに
なるかもしれない。
急にキャラが変わりそうで私までドキドキ。

未知の可能性、というけれど、
そうか、この子にも
まだ本人も知らない
何かがあるのかもしれないんだ。

志望校の志望理由がまた一つ増えた長女に
「うがい・手洗い・マスクしろー」と
口うるさくなる今日この頃です。