息子の眼

今日は7月からお世話になっている地域交流センターでのヨガの日。シニアヨガに来てくれているおばあちゃんからテレビを見て写した相田みつをの詩と、お菓子を頂きました(о´∀`о)

「子どもはその親をみているんだあな

親よりもきれいなよごれない眼でね」

夏休みに息子を連れて仕事に行っていたが、息子がベッタリくっついて離れようとしないことを話したら、「初めての場所に連れて行かれて不安なのよ!無理に離そうとしなくても大丈夫!ママは堂々としてればいい」「ある時自然と離れる時が来るから、それまで甘えさせてあげたらいいよ」と言って下さり、安心した。

夏休みは私の都合に連れ回してしまったなぁと息子には悪いことをしたと思う。息子連れでも大丈夫なところは連れて行って、ママの仕事を見せてもいいかなぁと思ったり、悩むところだ。でも、ひとつだけ言えるのは私自身堂々とすることだなと気づいた。

きれいなよごれない眼で、息子は私のことをどう映っているのかな?

 

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤寿枝

福岡県大牟田市在住で、ママにゃんことチビにゃんこ(息子)、気まぐれマイペースなネコの親子を支えてくれる大黒柱のパパたぬきちゃん(ポッコリお腹でたぬき顔なので命名)の3人家族です。 趣味は、ヨガ、家の模様替え、通りすがりのネコの観察。