新聞の良さ

卒園文集原稿の締め切り、実は今日だった

すーっかり忘れていて、なんとまだ白紙

先週、レイアウトに悩んでいて、
友達に「新聞書いてたやん」と言われて、
よし!それでいこう♪と張り切っていたつもりなのに。

過ぎてしまったものはしょうがない。

とにかく3年間を振り返ってみようと、過去の新聞を引っ張り出してみた。

使えそうな記録はそう無いものの、
懐かしかったり、ハッとさせられたりでおもしろい。

で、年長になってから…ストップしてるんだよねー

もう小学生になるし、卒業かなーなんて思ってたけど、
とんでもないのかも!?

年長の熱い日々の記録がないのは残念だー。
でももう過ぎてしまったものはしょうがない。
再開して3月号かくやかー?

いやいや、それよか先に文集原稿かかやん!
原稿用紙を前にして1時間半、
結局まだ白紙。

ABOUTこの記事をかいた人

岩根 直子

年長の男の子と張り合い、年少小の女の子に振り回されているお母さんです。 わが子はかわいくて、毎日キュンキュンしています。 と同時になーぜーかー毎日おこっております。 基本的には我が子ラブです!