春に向けて。。。。。。

父の外泊は、

私たち家族のとても良い思い出となった。

お陰で、父のやる気も沸いてきて夜も昼もあまり眠らず活動的になった。

ただ、介護者にとっては、眠るタイミングがうまくつかめず、ちょっと寝不足ぎみ。

そして、自分は、歩けると錯覚している父のやる気は、退院後、どう過ごすのかを決めることをとても悩ましくしている。

今、考えても答えが出ないことなのに、頭に隙間ができるとやっぱり考えてしまう。

今日も、病院から実家に帰る道すがら、答えのない問いが頭の中を占領した。

と、その時、とても良い香りが。

見上げると薄い黄色のろうばいの花。

一瞬にして私の悩みを忘れさせてくれた、甘くて優しい香り。

冬なのに春に向けて季節は歩いてることを教えてくれた。

そうかぁ。

私の頭の中も、春に向けて動かせば良かったんだ。

そうすれば、春らしい答えが出てきそうな予感がしてきた。

ありがとう。ろうばいの花。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

お母さん業界新聞高知版の元編集長です。別名「妖怪たかぎ」です(笑) 大学生と社会人になった子どもがいます。 主人とのお山の暮らし1年目を試行錯誤中のところに、突然父の介護が始まることに。 お山の暮らしはお預けですが、介護生活をぼつぼつ発信していきます。 よろしくお願いいたします。