春の風と歌って

私がお母さんになる前から、ずっと

『この歌を我が子にも聴かせてあげたい』と思っていたCD。

それが、ムーミンのテレビシリーズでのサウンドトラック。

 

10年近く前に行ったお店でかかっていて、

そこにいた小さな子が、まるで幸せな空気に包まれているようだった。

 

子どもが生まれたら、

自分が『綺麗だな』と思う音楽をたくさん聴かせよう。

 

そう思って、やっと念願叶った。

 

娘が生まれた頃は、毎日ジュリー・アンドリュースが歌う

『サウンド・オブ・ミュージック』をかけて、

自分も癒されたりしていた。

 

最近、悲しいことがあって(色々展開があったら改めて書きます…)

ますます、不変のものはないと悟った…。

(きっとね、ふたを開けたら、なんだそんなこと…と思われます)

娘に変わらずしてあげられることは、歌を歌うこと。

 

このCDをかけて、そして私も口ずさむ。

そうすると、すぅっと心があったまる。

 

ある歌に、好きなフレーズがある。

 

『大きくなっても 忘れないで

春の 1番すてきな日を』

 

遊びたいだけ、遊んでいられる今この時を、

お母さんと一緒に楽しんでくれたらいいな。

 

大きくなったら、忘れてしまうだろうけど

大きくなっても

この子の体や心に、

春の光と、そよ風が残りますように。

そしてそれが、やさしい心を育ててくれますように。

そう思いながら。

ABOUTこの記事をかいた人

吉村優

横須賀支部「みよむら」の“むら”の方です(^-^) 2016年11月生まれの娘と、ジャイアンツ命な年上夫、 そしてサザエさんみたいな私の3人家族です。 元放課後児童支援員。子どもたちの「鬼大魔王」でした。 海風と、アメリカの風薫る横須賀に住んでいます。 笑えた日も泣ける日も、みなさんと共有出来たらと思っています。(^-^)