晩夏の色

昨日の夕方。

台所からふと見ると縁側が晩夏色に。

みんみんぜみとつくつく法師の声の中、

夏の思い出と共に寂しさが押し寄せてきた。

家族で過ごした夏の日が恋しい。

夏の終わりの夕暮れは、一段と人恋しい。

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

お母さん業界新聞高知版の元編集長です。別名「妖怪たかぎ」です(笑) 大学生と社会人になった子どもがいます。 主人とのお山の暮らし1年目を試行錯誤中。 よろしくお願いいたします。