検診に行こう!

先日、子宮ガン検診に行ってきました。

末っ子息子の妊娠初期に検査して以来なので、約2年半ぶり。

ずっと行かなきゃなぁ〜と、思いつつも、目の前の用事を優先し、先延ばし先延ばし。

思い切って予約電話をするも、午前中は当分いっぱいで、午後なら空いてます!と。

午後だと、子ども3人連れて行くのか〜面倒だな〜

旦那の予定を確認してまた予約とり直そう…と一瞬そのまま電話を切ろうと思いましたが、

じゃぁ午後行きます!

と、返事をしている自分がいました。

またズルズルと先延ばしにしてしまう!と思ったのです。

 

 

いざ、3人連れて検診へ。

1歳児のヤンチャ息子は、看護師さんが抱っこしてくれるかな、なんて思っていたけれど、そんな事はなく。

内診台にあがる私の横に、3人の子どもたち。

横で手を繋いだり、小1長女に抱っこしてもらい、何とかヤンチャ息子も待っていられました。

何するんだろう…と心配そうに見つめる小1長女と、年少の次女。

何をしてるかまでは、カーテンで仕切られていたので分からないけれど、

女医さんが、優しく説明してくれました。

その間も「痛い?痛い?」と心配そうに見つめる次女。

無事に終わり、

『あ〜3人連れてくるのも大変なので、ずっと先延ばしにしてたんですけど、思い切ってやって良かったです!』

と、私が言うと、

『お子さん3人もいるからこそ、ちゃんと、検診受けてくださいね!

大事なお母さんです。悲しい思いさせたくないでしょう』

と。

聞けば、先生にも幼稚園生のお子さんがいるんだそう。

医者として、同じお母さんとしての力強い言葉がとても印象に残りました。

 

 

 

昨日は、小林麻央さんの命日でした。

闘病中のblogもかかさず、ずっと読んでいました。

blogから、彼女の優しい穏やかな人柄が表れていて、すぐに大ファンになりました。

 

2年前、彼女の悲報に、日本中が涙したことでしょう。

あの日、私も小さい我が子を抱きしめながら、同じ母として、彼女の無念さを思い、涙が溢れました。

 

大事な検診。

お母さんは大切な存在。

我が子を悲しませたくない。

 

みーんな、分かっていると思います。

 

しかし、毎日を過ごすのに一生懸命で、流されてしまう。

自分のことは、後回しにしてしまう。

 

その気持ちもとても、よく分かります。

小さいお子さんがいて、主婦なら尚更。

社会人のときのように、検診の時期が来る訳でもない。

自分で行動するしかない。

 

忙しいお母さんたち。

大切なお母さんたち。

 

どうかどうか、行動にうつしましょう。

この記事をみて、1人でも、行動にうつしてくれるお母さんがいることを願います。

 

偉そうにすみません…

ABOUTこの記事をかいた人

脇門比呂子

横須賀在住6年目になります。 長女五才、次女三才、長男もうすぐ1才、3人のお母さんやってます! まさか自分が3人の母になるとは?!大好きな仕事を辞めて今は母業に専念中。 どーせやるなら、毎日どっぷり母業楽しみたい!!と思うのですが、実際はそう思うようにはいかず、、悩みも多々、さっかくなので嬉しいことも悲しいことも、悩んだことも記録に残したいと思い、入学しました^_^