眠るときは横に…

21時に学校から帰宅すると、リビングで爆睡している娘、、

着替えさせて部屋に連れていく。寝たかな?いや起きたかな?

そう思いながら、部屋を後にする。

1分後、、、

トントントントン…かわいい足音に思わずにやっとする私。

「どしたんー?起きたー?」

「んー、みゆうちゃんママが横におらんとー。。」

「そやんねー。」

部屋に戻る。

横になりながら、

「ママをだきしめるーー!」

きゅーん。きゅーん。

引っ越しもあり、、疲れていた身体や心が急速充電するのが分かる。

ママが疲れていたから、きっとわざわざ起きて、ママを充電してくれた愛娘さん。

何回も何回でもいまからあなたに言いたいことがある。

「生まれてきてくれてありがとう。」

「ママの子でいてくれて、ママを好きでいてくれてありがとう。」

これからのあなたに、わたしはきっと何にも出来ないんだろうけど。

躾という名の押し付けや、、理不尽なことで叱ってしまったり、感情的になりイライラをぶつけてしまったり、、たぶんたくさんのママのワガママを受け止め、跳ね返し、そしていっぱいの愛を捧げてくれるんだと思う。

明日の朝は、心を込めておはようって言おうと思う。

躾は挨拶、返事、後片付けさえできたら十分なのだから。

どこかで必ず恩返しができる自分でいたいと思う。

1 個のコメント

  • こんばんは。
    お疲れさまです。
    4歳の娘さんが微睡みながら 母の帰りを待ってたのね。
    急速充電はどちらも必要ですね。抱きしめあって安心し充足できるのです。
    1日が長くもあり短い時間です。その間にお互いに成長し合っている。素晴らしい時間です。
    頑張ったエネルギーを確認して補い合う時。ステキな日々をお過ごしですね。
    一人の人間として頑張っている姿を娘さんも感じている事でしょう。
    振り返ること無く 真っ直ぐに進んでください。夢に向かって!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    安藤裕子

    直感派で自分に甘い(笑) 甘ちゃん母ちゃん歴は、まだまだ4歳!学生と子育ての両立中。 諦めないというのがわたしの生きるテーマでもある。だけど、つまずきながら泥んこになりながら。生き様を娘に見せれるように!(福岡県大牟田市)