祖父母のチカラ!

今月のお母さん大学の宿題。

おじいちゃんおばあちゃんとのエピソード。ちょうどこれを見たときに、パッと思い浮かんだ記事があったので、過去記事ですが、シェアしたいと思います。

6年前に韓国に引越してきてからは、1年に2回くらいしか会えなくなってしまったのですが、テレビ電話などで話をしたり、逆に長期の休みで一緒に長く時間を過ごしたりと、より濃い間柄になっているのでは?と感じています。

やはり、「尊敬」の一言に尽きる!祖父母のチカラ。以前、両親が韓国に遊びに来てくれた時のエピソードです。

(ちなみに子どもたちは親しみを込めて、*じ~(G)&ば~(BA)*と呼んでいます)

(写真は、長女の机の上のコルクボードにあったメモ紙。*RESPECT*(尊敬)という英単語を覚えるのに、祖父母と結びつけている!というのを発見して一人ジーンときた母です)

2016年5月11日の記事です。

*************************************

「祖父母のチカラ」

 

連休を利用して
両親が日本から遊びに来てくれた。
3ヶ月ぶりの再会に喜ぶ子どもたち。
おじいちゃんおばあちゃんと孫という光景は
何とも微笑ましく
見ているだけであったかい気持ちになる。
そして
思春期真っ只中の
長男長女も
祖父母の前ではやけに素直で
これもまた爽快である。
母の一言にムッとしても
祖母の一言にはニッコリ。
母の頼みに躊躇しても
祖父の頼みは快諾。
長い人生を生きてきた経験からの言葉には
重みがあり
説得力も抜群。
ただそこにいてくれるだけで
有難く
こちらが安心する。
近頃
はて?どうしたものか?
と思っていたことも
両親の滞在により
緩やかに解決の方向に。
祖父母のチカラ
まざまざと感じた日々だった。

 

ABOUTこの記事をかいた人

村本聖子

「思い立ったらすぐ行動!」 をモットーに動き回る3児の母。 みんながニコニコ、ハナマルになる世界を願いながら、日々の感動•気づきを韓国から発信中。 夢はココカゲン(ココロとカラダがゲンキになる空間)を創ること&MJ記者として世界を飛び回ること。