神様のおしっこ

小2の長女が学校から帰って来て聞いて来た。

「お母さん、雨って神様のおしっこなん?」

 

「何で?誰かが言ってたん?」と聞くと、仲良しの友達2人くらいが言っていたそう。

それはないと思いつつも、気になって聞いて来たみたい。

 

雨って何?

改めて聞かれると答えるのが難しい。

 

地面にある水が蒸発して上がって行って、雨になるとは聞いた事があるけど。

こんな説明で分かったかな?

 

と、長女が後日、図書館で何気なく借りて来た本に、答えらしきものが。

 

でも、それを読んだ私、じゃあ、どのくらい水がたまって来たらそれが雨になるんだろう?何で雨が多い時と少ない時があるんだろう?と母の方が疑問が湧いて来たよ。

 

普段の生活の中のものって、疑問に思っても意外と答えられない。

どうやって調べていいのかも分からない。

そうしてるうちに、自然と疑問に思う事を諦めてしまってるかもしれない。

 

前に見つけた、夏休みの下水道施設の見学会、応募して行ってみようかな。

ABOUTこの記事をかいた人

戸﨑朋子

7歳(小1)と3歳の女の子がいます。 子どもが生まれて、今までに感じた事のない気持ちやを感じて幸せだったり、ダメな自分を突き付けられる思いがしたり。 何があろうと思うのは、子どもが生まれて良かった。 色んな思いを綴れたらと思っています。