私のお父さん~軍足履いて~(6月号宿題)

私の父は、電気工事士。

軍足履いて、作業着に安全靴がいつものスタイル。

 

横須賀中に、

父が設置した電灯や、電気がある。

 

ちょっと飛び越えて、

国内の大きな空港の滑走路にも、

父が設置した、滑走路を照らすライトが光っている。

 

街をつくる仕事なんだなぁ、男のロマンだなぁ。と、

我が父ながら、そんなところを尊敬している。

 

休みなしに働いて、

休日には、横須賀市内のボーイスカウトの指導者もしている、

根っからの働き者。

 

あまりにも人が良すぎて、すぐ何か頼まれたりするのだが

だからこそ、仕事が尽きない。

そのおかげで、ここまで育ててもらったんだろうと思う。

 

キャーキャー騒がしい女の子に囲まれていた父は、

当時は「しゃべるのは子ども任せ」って感じだったが

今ではよくしゃべる。

やっと聞いてくれる余裕を感じるのかな(笑)

 

孫も、ひたすら女の子。

実家で一足先に待っていると、私たちがいるのを察して

玄関からそぉっと近づいて孫を驚かせようとするが、

大体、勘のいい孫に気付かれてしまう(笑)

毎回気づかれるのに、毎回やる。なんとも根気強い。

 

私が小さい頃も、

帰ってくると「かわいいことしよう」と私に合言葉を言われ

よじ登られたり、体でブランコをしたり。

帰ったばかりでも、

いつでも「子どもスイッチ」に切り替えられる。

そのスイッチが遺伝して、

私も子どもに関わる仕事ができたのかもしれない。

 

 

私の夫と、仲良く野球談義をするのも楽しそう。

(ちなみにジャイアンツファン)

私が夫との結婚を決めたのは、そんなこともちょっぴり理由に入っている。

 

 

軍足履いて、

今日も街をつくっている、私のお父さん。

横須賀を歩くと、父が点けた灯りがある。

きっと、なかなかいいお父さん。

ABOUTこの記事をかいた人

吉村優

横須賀支部「みよむら」の“むら”の方です(^-^) 2016年11月生まれの娘と、ジャイアンツ命な年上夫、 そしてサザエさんみたいな私の3人家族です。 元放課後児童支援員。子どもたちの「鬼大魔王」でした。 海風と、アメリカの風薫る横須賀に住んでいます。 笑えた日も泣ける日も、みなさんと共有出来たらと思っています。(^-^)