ほんとはおかあさんといっしょにいたいの

いつもの平日の朝。

そろそろ保育園に行く時間だよ~と長女に声をかける。

急に、

なんかはずかしくなってきちゃった

と長女。

何が恥ずかしいのかわからないけど
よくある反応で、今日もそういうよくある
ことかと思い、

そっかー恥ずかしいんだ。じゃあお母さんに隠れながらいく?

といつものように返したら、

……。
はずかしいじゃない…。ちがう。
わたし…
おかあさんといっしょにいたいのー!

といいながら泣いてしまった。

それは、甘えたいとかさみしいとかそういうのを我慢した後、自分の本心を言葉にした時にこみ上げてくる、そういう泣き方だった。

そういう風に気持ちをちゃんといってくれた
(=お母さんに言っても大丈夫と長女が思える
関係でいることだと思う)というれしさと、

二歳半にしてそういう風に自分の気持ちを
言葉にできることへの驚きと、

複雑な感情をもつ一人の人として長女が
完成されていることへの改めての気づきと

愛しさと

そんなかたまりが浮かんできた。

そうか。
お母さんに甘えたかったんだね。
お母さんに言ってくれたんだね。
お母さん、うれしいよ。

じゃあ、今日はベビーカーに次女ちゃんのせて、
だっこでいこっか。
というと、

顔がパーっとうれしそうになって、
はやくほいくえんいこー!
と玄関にかけていった。

保育園への道すがら、うれしそうにだっこされている
長女がかわいくて、ぎゅーっとしたり
よしよししたりしながらベビーカーを押して歩いた。

あぁ
お母さんってしあわせだなぁ
お母さんっていいなぁ

ABOUTこの記事をかいた人

竹内未佳

3歳と1歳の娘のお母さんを奮闘中。もっとお母さんを満喫したくてMJになりました。子供と一緒に今を生きるお母さんになりたいと思います。