いやいや期の話

もうすぐ2歳次女、いやいや期まっさかり。

『やーもん!(やだもん)』を覚え、何をするのも『やーもん!』

オムツはくのが一番「やーもん」らしく、

「オムツはk  『やーもん!』  ・・・」

と食い気味にやもられる。

でもまだ1歳。逃げ方を知らない。

とりあえずパーッと走って逃げて見せるがなぜか私の円周上。

逃げられても私が真横に腕をぴっと出すと、上腕にりっぱなおなかがボヨンとあたって捕獲成功。

なんで周りを走ってるの・・・もっと遠く逃げなさいよ・・・

娘はキャキャキャキャ!とわらってることだし、

きっとそれも1セットで楽しんでるんでしょうね。

上の子はどうだったかな。真剣に悩んでたっけな。いやいや期への対応に困ってたかな多分。いやいや期は喜ばしいことだから~とか、すぐ終わるから~とか、そうは言われてもしんどいんすけど!!このままわがままに育ったらどうしよう!!と夫婦で困惑していたような気も。

その経験のおかげで下の子のいやいや期はこうやって「あぁあれがきたか」と思える。上の子のおかげですね。ありがたやありがたや。