子育ての楽しいこと、大変なこと、それでも生んで(産んで)良かったなと実感できるような新聞をお願いします

「子育ての楽しいこと、大変なこと、それでも生んで(産んで)良かったなと実感できるような新聞をお願いします」

撮影会で出会ったお母さんが「お母さん業界新聞大阪版に望むこと」という質問に、書いてくれた言葉。

幸せそうに見える方もそれぞれ悩んで、戦い、乗り越えようとがんばっている。子育てなんて百人いれば百通り、正解なんてわからない。それでも目の前にいるわが子のために気持ちを奮い立たせるのがお母さん。

私たちはいろんな活動を企画しますが、根っこは「お母さんはスゴイ!」「子どもを産み育てる事業は宇宙で一番の大事業」だとお母さんにはもちろん、全ての人に伝えること。

出会った方はもちろん、まだ出会えてない、届けれてない方のために。

あたりまえに子育てが楽しくできる社会にしましょう。百万母力で。

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪