久しぶりに娘を泣かした

22歳の娘、大学4回生、春には社会人。

最近、調子に乗ってたので、帰宅後の態度に夫と2人でぶちぎれた。

わが家は超過保護、特に娘には超甘いのに、そんな私たちを怒らせたらただではすまんで。

ぶちぎれた翌朝には玄関に手紙が置いてあった。

筆まめの娘が夜中に書いたらしい。

ふむふむ、なるほど。

便箋2枚にびっちり書かれた反省の手紙。へ~。漢字けっこう知ってるやん。と感心するとこもあれば

この文章はおかしいやろ

なんか、謝ってる自分に酔ってるんちゃう?

と、私の欠点と比べてしまう(笑)

でもせっかくやから飾っといたろ♪

 

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。25歳社会人長男・22歳大学生長女の母。大阪エリア版を創刊しました!食と児童書を二大柱に、子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪