今年は会えないおひなさん

娘が生まれてからずーっと出し続けていたおひなさん。

今年は身内に不幸があって、まだ忌中なので飾らないことにした。

母は私が生まれたとき、祖父母から「おひなさん買いや」とお祝いをもらったのに、なぜか私にはおひなさんが届かなかった。

着物を着せてもらって、近所のおうちの豪華な七段飾りの前で撮った写真がある。

「なんで?私にはおひなさん、ないん?」

そう聞いたのはいつだったのか。子どもなりに遠慮してたのでちょっと大きくなってから聞いたと思う。

「おばあちゃんにはもーてんけどな、この家(お店と併用)の柱になったわ」

と、明るく言われた。

(笑)

そんなこんなで、母にとっても、孫に買ってあげたおひなさんは大事なもの。

私に「好きなもん、買ったって」と決めさせてくれた。お顔と着物が決め手♪

七段飾りではないけど、娘用だけど、なんか私のためでもあるような気がする。

毎年会いたいおひなさん。

飾れないけど、母と一緒に風通しをして防虫剤替えようかな。

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳社会人長男・23歳大学生長女の母。大阪エリア版を創刊しました!食と児童書を二大柱に、子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪