「明日ー1945年8月8日・長崎」を観てきました

7月10日 水曜日
劇団青年座第237回公演「明日ー1945年8月8日・長崎」
いよいよ始まりました!!

そして7月11日 木曜日 
私は池袋・シアターイーストへ向かいました
稽古の見学や 役者さんのインタビューも
させてもらいましたので
心は高鳴るばかりです

場内に足を踏み入れると
まずは舞台に驚かされます
稽古の時のあの骨組みの装置はどこへ?

お芝居の練習中は録音したものを流していた
ベートーベン悲愴第二楽章が
生演奏となって始まりから
盛り上げていきます

試行錯誤していた
婚礼での配膳シーンもさらりと
やってのけています

役者さんの演技も一層深みを増していました

このようなことを感じられるのも
稽古の現場に立ち会えたからこそ

目の前に繰り広げられる「明日」は
毎日の練習があったからこそなのですね

そう思いながら
お芝居の世界に引き込まれて
いきました


 

ABOUTこの記事をかいた人

尾形智子

息子2人成人して子育てちょっと ひと段落・・・と言いたいところですが いつまでたっても子どもは子ども 心配はつきません 映画や特撮 怪獣 イケメンが大好きです プロフィール写真は東京日比谷シャンテに展示されていた シン ゴジラの巨大模型です。ゴジラ大好きです!!