答えは

大きな建物を、右から行くか左から行くか娘に決めてもらうつもりで、
「こっちとこっち、どっちから行く?」
と聞いたら、
「こっち!」
と娘が指差したのは直進方向。

建物にぶつかるよ!

いやいや、娘はまっすぐ数歩進むと段差があるのでそこに向かいたかっただけだった。

ななめ上の答えが返ってきて、道ばたで大笑いしそうな母でした。

ABOUTこの記事をかいた人

曽我幸恵

お母さん歴約3年、お母さん業界新聞あつぎ版編集長です。 厚木市子育てアドバイザー・ほっとタイムサポーター。 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、絵本講師(NPO法人「絵本で子育て」センター)です。絵本の読み聞かせをぜひ子育てに!