料理は究極の遊び~遊んでないからね(by いちか)~

私が夕飯の準備をはじめると、

「私もやりたい~」とエプロンを自分で準備してやってくる末っ子イチカ(4歳)。

お兄ちゃんたちの真似をして2歳から包丁を持っているせいか、
野菜やお肉を切るのが大好きなのだ。

今では見ていなくても安心、上手に切ってくれる。

逆に私が手を出してしまったり、先にやってしまったりすると怒られるので、
私はコーヒーをいれて、イチカの様子をちょっと離れたところから観察する。

それはそれは楽しそうな様子を。

「たまねぎは涙が~」と言いながら、
しょっちゅう手を洗い、涙を拭きながらも、最後までカット。

お次はお肉。

普段、野菜を切ることが多いせいか、ご満悦な様子。
広げてみたり、ココを切ってみようと自問自答したり。
切った肉を手でコロコロしてみたり。

そして、ふっと私のほうを見て
「遊んでないからね~」と一言。

「どのくらいの大きさにしたらいい?」と聞いてくるので
「イチカの口に入るくらい。イチカが食べやすい大きさにして」と話す。
すると「このくらいかな~」と切りながら考える。

「お肉はね、火が通るとキュッと少し小さくなるからね」と話すと、
「じゃあ、大きいのも作ろう」とまた切りながら考える。

白い脂肪を私に見せて「これは何?肉?」と聞いてくるから、
「脂肪だね~」と話すと、また触って考える。

ひたすらこの繰り返し。

あんまりゆっくりしているときは「少し急ぎでお願いしますー」と言ったりもするけれど、
このイチカのペースで遊びながら野菜や肉を切るところを、私はコーヒーを飲みながら見るのが
なんだか大好きだ。

お姉ちゃんたちは言ってもなかなか手伝ってくれなくなったので、
今だけの贅沢時間なのかもしれない。

私とイチカのコミュニケーションの時間でもあり、
イチカの遊び、興味を観察する時間でもあり、
お母さんが逆転している時間でもある。

もともと、あまり料理上手ではない私にとって。

「料理は子育て」だけれど、

イチカにとっては「料理は究極の遊び」なんだなと思う。

イチカには「遊んでない!!」と叱られそうだけれど。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。10歳、7歳、4歳のお母さん。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪