先生、春がやってきているよ~登園中に春告草をみっけ!~

幼稚園に歩いていっている途中、お隣のマンションの垣根で見つけた梅の花。

「わーキレイ」と一言、イチカさん(年中)。

「ほんとだ、春がやってきてるんだね~」と私。

まだまだ風は冷たいけれど、見つけられただけで心はホッコリ。

一度見つけると、ココにもアソコにもと
いろんなものが見えてくるから不思議だ。

園について「先生~梅の花が咲いていたよ」ってさっそく報告。

「梅の花は春告草だったっけね~春がやってきてるんだね~」と先生も嬉しそう。

小さな春、親子でたくさん見つけられたらいいな♪

「春告鳥」はうぐいす、

「春告魚」はにしん、

「春告草」といえば梅のことです。

まだまだ、寒さ厳しい毎日ですが、、
春の訪れも感じる頃。

命がムクムクと動き出す前のパワーは一年で最もエネルギーに満ちあふれている感じがします。

寒さにも負けず遊ぶ子どもたちの声は「春告声」かもしれませんね。

『お母さん業界新聞ちっご版2月号』表紙より

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。10歳、7歳、4歳のお母さん。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪