楽しいはそこら中にころがっている

昨日、友人宅のマンションへ遊びに行ったら

駐車場の隣のお宅で畑仕事中

なにげなーく挨拶をすると

「紫蘇いります?」と

その場で紫蘇をちぎって渡してくれた

ワーイ♪ 今日のサラダに入れよう♪

夕方、子どもたちと公園へ

遊びに来ていた親子が、

でっかいしゃぼん玉をつくりはじめた。

イチカ「声をかけてみよう!」と。

こりゃあ、混ぜてもらわなくては!

ワーイ♪ しゃぼん玉できたよ♪

楽しいって

きっと

そこら中に

ころがっている。

自分ごとなので、分析するのもなんだかオカシイけれど、

ポイントは「自分から声をかける」だと思う。

それはたいしたことでなくていい

「こんにちは」

「元気?」

「楽しそうだね」

「バイバイ」

小さな頃はできていたことが

大きくなってくると恥ずかしさや自我でできなくなってくるときもある

だからこそ

子どもたちに手伝ってもらったらいい

「一緒にあそぼう」

「こんにちはー!!」

今日もおっきな声で挨拶をして登校している子どもたちの声がする

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。10歳、7歳、4歳のお母さん。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪