2週間ぶりに行った学校で、息子が学んできたこと

理由はハッキリわからないが、1年生の頃から、
息子(小4)にとって、学校に❝毎日❞行くことは当たり前ではない。

1週間まるまる休むというわけではなく
月、火と休んだら、水、木、金は行ったり
前半3日行ったら、後半の2日は休むというペース。

ところが、本人に話を聞くと
「2日休んだら、3日目はなんとなく行かなきゃいけない」
「休んでも、少しは行かないとバツが悪い」
と思っていることがわかった。

本来は行きたくないけれど、そう思っちゃっているから、
仕方なく、重い腰を上げて、しぶしぶ行ってたと言うのだ。

おそらく、誰にでもあることじゃないだろうか。
私にも思い当たることがある。

何か特に言われたわけではないし、
ちゃんと確認したわけではないけれど、
周りの目を気にして、勝手に自分の中で決めごとをして
自分で自分をきつくしてしまっていること

息子は親である私たちや先生、社会の目に
いつの間にか答えようと必死になっていたようだった。

そこで、「無理に行かなくてもいい」と伝え、本人の意思に任せることにした。

休んでいる間におこった出来事は、また別記事で書くことにするが、

それから2週間後の今日、保健室へ登校した。
ランドセルもからわず、上履きだけ持って行ったので、
「ちょっと行ってみた」という感じだった。

保健室までは私も一緒に行き、30分くらい先生と話した。
離れる時は不安そうにしていた。

けれど、

どうだったかちょっと心配だった母をよそに
息子は軽やかな様子で帰ってきた。

「学校どうだった?」と聞くと
「いや、疲れた~」と言いながら

「ママ、一日に取らないといけない砂糖は20グラムなんだけれど、
ファンタとかには65グラムの砂糖が入っているんだって、ヤバイじゃん。
保健室の先生が教えてくれた」

という「食育」と

「テレビを見ている間の1時間は超早いけれど、保健室での10分は長すぎた」

という「時間の感覚の違い」を学んできたようだった。

そして、

「K君と遊んだ。Rとちょっと話した。〇〇だったんだって」
「明日はKの家に遊びに行く」

と話してくれた。

そう、

2週間ぶりに行った学校で息子が学んだこと

それは「学校に行っても行かなくても、友達は友達」という安心感だった。

おそらく、

これからも行ったり行かなかったり、
いろいろだと思う。

けれど、今日のこの感覚はきっと彼がこれから生きていく中で
大切なものになったんじゃないだろうか。

息子のちょっと晴れやかな顔を見てそう感じた。

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。10歳、7歳、4歳のお母さん。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪