「ママは忘れちゃったんだ」小学生だからこそ楽しみたいワーク

年中さんのイチカがもらってきたワークにむらがる小学生組の2人

「もう、赤ちゃんじゃないんだから!!(小さい子用のワークを取らなくてもいいじゃん)」と言ったら

「ママはもう忘れちゃったんだね」と長女が一言。

どういうことか詳しく聞いてみると

☑子どもの頃の気持ちを忘れちゃっている

☑こういう遊びながらできることがワクワクする。

☑小学生になって勉強ばかりだから、こういうのもたまにはやりたくなる。

言われて、図星。

忘れてた。

いやいや、瞬時には思い出そうとしても思い出せない気持ち。

きっと、そうだったに違いない大切な気持ち。

 

今も、やってみたら私も楽しいんだろうけれど、

 

うーん、悔しいけれど、忘れたくないけれど、

きっと、どんどんこれからも忘れちゃうだろうから。

また教えてもらって、こうやって記録しておこう。

 

子どもたちと私の気持ち

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。10歳、7歳、4歳のお母さん。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪