舞台は生きている・劇団青年座「明日ー1945年8月8日・長崎」

昨日 再び青年座の「明日ー1945年8月8日・長崎」
観てきました

1回目の鑑賞は
ワクワクが止まらず
気持ちが高ぶってしまいましたが
今回は落ち着言いた気持ちで
観ることができました

演じ方も違っていたり
ライブは毎回違うのです
舞台は生きているのですね

終演後は 演出補の山本龍二さんと
「明日」の初演の時の製作・水谷内助義さんの
アフタートークもありました

爆心地は芝居でも登場する刑務所の近くだったとか
なので芝居の中で刑務所のシーンが出てくるのですが
次の日に裁判があれば助かったかもしれなかったと

舞台で描かれた1945年8月8日の記録で
結婚式が2組あったそうです
さらにこの日出産もあったそうです
その彼女の家はは爆心地から遠かったそうですが
落ちた時にその家を爆風が襲ったそうです

明日がある日々を過ごせることが
どんなに素晴らしい事か
この作品は教えてくれました

ロビーで
水本満江役の田上唯さんと

写真をお願いしたら快く受けてくださいました

ABOUTこの記事をかいた人

尾形智子

息子2人成人して子育てちょっと ひと段落・・・と言いたいところですが いつまでたっても子どもは子ども 心配はつきません 映画や特撮 怪獣 イケメンが大好きです プロフィール写真は東京日比谷シャンテに展示されていた シン ゴジラの巨大模型です。ゴジラ大好きです!!