映画「女は二度決断する」

心がえぐられた
つらくて くるしくて 悲しくて
怒りも覚える

こんなことってあるだろうか?
しかし世界ではこのようなことが
あちらこちらで起きているのだ

映画「女は二度決断する」

夫と息子をテロによって
殺された母親の

悲しみ 怒り 絶望が描かれている
これは映画だけの話ではない
平和に暮らす私たちにだって
このような事に巻き込まれないという
保証はないのだ

彼女はラストにある決断をするのだが
それが いい悪いを超えて
こうするしかなかった彼女の思いが
胸に刺さって本当につらくて
でも母親ならこうするかもしれないと
涙 涙 そして苦しい

夫を子どもを亡くして悲しむ母親は
ここに登場する女性だけでなく
テロや戦争によって
多くの母力が泣いているのだろうと
思うと つらく 苦しくなってしまった

このような作品を観ると

子育てでイライラ かっかしたり
泣いたり 笑ったり 出来た時間が
本当に愛おしく感じる

この作品は第75回ゴールデングローブ賞 外国語映画賞他
さまざまな賞を受賞している

母親役を演じた ダイアン・クルーガーが
良かった

映画「女は二度決断する」公式サイト

ABOUTこの記事をかいた人

尾形智子

息子2人成人して子育てちょっと ひと段落・・・と言いたいところですが いつまでたっても子どもは子ども 心配はつきません 映画や特撮 怪獣 イケメンが大好きです プロフィール写真は東京日比谷シャンテに展示されていた シン ゴジラの巨大模型です。ゴジラ大好きです!!