お父さん記者の場合、とりあえず生ではなく…

12月は忘年会シーズン。

何派ですか?
やっぱり今はハイボール?
「とりあえず生!」はもう古い?
実は私コーラ飲みたいんですが…。

ありがたく夜のお誘いをいただくものの、
20時でお先に失礼します、と事前に先方に伝える。

「そんなに大変なの?」
(お前、20時て…。1日ぐらいなんとかなるでしょ。)
(俺の酒が飲めねぇってぇのか)
(つまんねぇ男になったな)
(仕事より家庭か)

本当にそう思われているかはわかりませんが、可能性はありますよね。
なぜなら、自分がそんな考え方だったから。

「男は外で激しい荒波の中、稼いできてんだよー!
中はお前の仕事だろー!」的な。

うーわ、さっぶー。いつの時代やねん。
原始時代のマンモス狩りぐらいにさかのぼったイニシエ的思考。

もし、うちの下の子が双子ではなく、1人だったら。子どもが計2人だったら。
私は何も変わってなかったでしょう。
「付き合いやねんからしゃーないやんけ!」が口癖でしたでしょう。

もし、同じ3人の子どもでも、
2~3年おきに生まれていたら、それでも変わってなかったでしょう。
妻も「私も内でがんばらなくっちゃ!」と思い込んで、
背負い込んでいたに違いない。

人手も時間もお金も、集中的に足りなくなる環境になり、
そして、気づけば、今の私になっていた。

大変ですが、
いろんな方からの協力があって成り立っていますが、
こうなってよかったです。

「環境は頑固な大人をも変える。」
そんなことを日々感じています。

ただ、これは、逆に言うと
環境が揃わない限り、自発的に変わるのは本当に難しい。

普段から家事育児に参加しているお父さん、すごいです!!!

子育てに参加しないともったいない。これはほんまですわ。
もったいないばあさんにしばかれるわ。

仕事ファーストじゃないが故に、仕事を失ったらどうしましょうか。
でも、そんときは、、、そんとき!そんときに考えよう!
そんときこそ、一杯飲みにいきましょか。笑。

写真は、真っ直ぐおうちに帰って、
夜の授乳時間のときにミルクで乾杯したとき。
とりあえず生ではなく、とりあえず9杯180ml!

(お父さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。